便秘の対処法を知る

画像のサイズ800×322px
文章が入ります。削除も可能です。
背景画像は差し替え可能です。

便秘になったら多様な青汁でお腹を元気に

青汁は便秘に効く食物繊維の宝庫

青汁が出始めた頃は、まずくて苦いというイメージが付き纏っていましたが、最近は健康食品としても、すっかり定着してきました。青汁とは、青物野菜をジューサーにかけてジュースにしたものです。多様な種類の葉を使います。 もともと青物野菜は、食物繊維が豊富なので、便秘に効果があると実しやかに囁かれて来ました。便秘は野菜の食物繊維の力によって、便を柔らかく解して排便しやすくしたり、腸の蠕動運動を誘発し、便意を起こしやすくする作用があります。 青汁に似たものでスムージというものもありますが、原理はまったく同じと言って良いでしょう。便秘になったら、少しでも腸内環境を良くするのもを摂取したいものです。そんな時青汁は、救世主的な存在になり得るものなのです。 最近はわざわざ青汁を自力で作らなくても、粉末になったものが販売されています。おおかたの青汁は、小分けされていますので、いつでもどこでも、青汁を飲む事が出来るのが、健康面においても嬉しいところです。そんな青汁ですが、主成分には色々あります。主成分の栄養素などを加味して自分に合った青汁を選ぶことが、便秘解消をぐっと近づけてくれるでしょう。

青汁の種類と効能

この青汁にも、色々な種類があり種類によって効果の幅も広がります。自分の便秘の症状に合ったものを的確に選びたいものですね。 ・ケール ケールは販売されている青汁の中でも、特に多いので口にする機会も多いと思います。もともとケールはヨーロッパが原産のアブラナ科に属している野菜です。食物繊維が豊富で、便秘に効果のあるマグネシウムなども含まれています。 また細胞の衰えを防ぐビタミンEが含まれますので、腸内の細胞を活性化させて、腸壁の老化を防ぎます。ケールには他にもスルフォラファンやイソチオシアネートという栄養素のおかげで、腸内環境を整えて便秘を防ぐ効果があります。味は苦味が強いので、上級者向けかもしれません。 ・大麦若葉 大麦若葉は、大麦を早い時期に収穫したものを言います。ケール同様の栄養素を含みますが、ケールと違い癖と苦味のない大麦若葉は、青汁が苦手な人にも受け入れられているので、最近は青汁=大麦若葉と言われるまでに人気が高いものになりました。β-カロテンが免疫力を高めるので、腸内の活動を促進するためにも飲んでおきたい青汁です。 ・明日葉 明日葉はセリ科の植物で、八丈島が原産地です。新芽を摘むと、翌日にはもう芽が出るので、明日葉と命名されています。明日葉の一番の特徴はカリウムが豊富であるということです。 カリウムは腸の蠕動運動を活発にするので、便秘にも効果が高いことから、蠕動運動が弱くなっている人におススメです。味はやはり苦いので飲むのに工夫が必要ですが、飲みやすい野菜とブレンドされて粉末になっているものも流通しています。 ・熊笹 北海道の山に生息する笹で、熊が好んで食すので熊笹と言われています。この熊笹の一番の魅力はクロロフィルが含まれていることです。クロロフィルとは葉緑素で、コレステロールのバランスを保ったり腸内の毒素を排出してくれるので、便秘で悪化した腸内環境を健全化します。悪玉菌を増やさないよう尽力してくれるのです。 また発がん性物質を抑制しますので、便秘の便から排出される、アミンやアンモニアの発生を抑えます。のどごしもよく、飲みやすいので青汁の苦味が苦手な人にはうってつけです。味はどことなく抹茶のようなので抵抗感もないと思います。

青汁を避けたほうがいい人

栄養素も多く、便秘にも絶大な効果が期待できる、青汁ですが飲んではいけない人もいます。どのような人が飲んでだらいけないのかと言いますとワーファリンを医師から処方されている人です。ワーファリンは、血液をサラサラにする事を目的に、心臓病や脳疾患など動脈硬化などの患者に処方される薬です。しかし青汁の多くが血液を凝固する、ビタミンKが含まれているのです。 こうしたことから、もしワーファリンを処方されているのなら、速やかに青汁を飲むのはやめてほかの方法で便秘を改善させるしかありません。次に、腎臓病を患っている人は、青汁を飲んではいけません。青汁にはカリウムが含まれていますので、カリウムの排出が上手くいかず、高カリウム血症になる恐れがあるのです。特に明日葉などはカリウムが多いので飲むのは控えましょう。 便秘に良い青汁を飲めないことは残念ですが、一歩間違うと命に関わりますので、そこは気をつけたいものですね。

青汁を飲みやすくするための工夫

青汁を飲むのには、勇気がいるという人も中にはいます。飲みやすく工夫された青汁が多い中、極度に青物野菜が苦手な人もいるかもしれません。そうした場合は飲みやすくするために、青汁の中に便秘にも効果のある果物や豆乳などを混ぜてみるといいかもしれません。 また飲むという感覚に囚われずに、ヨーグルトなどに混ぜて食べるのも美味しくいただけます。青汁を飲みやすくする際には、ぜひ便秘を解消する方向で、腸内環境に優しいものと掛け合わせてみましょう。

便秘には一時的には下剤もOK

はじめに

不快感極まりなく腹部を圧迫する便秘に、最後の手段・・というわけでもなく、容易に下剤を使う機会が多いのではないでしょうか。 いつまでも便秘で特有の気持ち悪さを抱えるよりも、いっそスッキリしたいというのが本音だと思います。その感情を否定するつもりは毛頭ありません。自然な感情の流れです。 ただ、下剤は副作用も多いので上手く加減しながら使うのが鉄則です。うまく使いこなせれば、これ以上強い味方はないです。過剰に使用することなく、付き合いたいのが下剤なのです。

便秘になると使いたくなる下剤の効果

便秘になるときは、腸の活動が弛緩されている時なので、出したくても便が出せないことにいらだちを覚えます。こうしたときに効果があり最も使われるのが、刺激性下剤といわれるものです。腸に刺激を与えて便意を誘導するのです。強い下剤になると、相当腹部が収縮しますから痛みも半端ないのが特徴です。 しかし、即効性があるので急な用途には欠かせないもの下剤なのです。短期的には使用もやむなしですが、使いすぎると腸の中が荒れてしまうので、ここぞという日にだけ、満を持して使いたいものです。 さらに便秘と下痢を繰り返すタイプの人の中には痙攣性便秘というものがあります。これは腸が動きすぎて、便秘と下痢を繰り返すというものなので、こうした症状の場合は刺激性下剤は更なる便秘を呼びますので使用には見極めが大切です。注意してください。

長期的に使うのは危険

下剤を常用すると、強い薬効成分から腸が荒れることもありますが、一番注意しなくてはならないのが、下剤の効果に慣れた腸が、下剤なしでは動かなくなることです。自発的に蠕動運動をやめてしまうことから、ますます便秘は悪化します。悪化すると、今度はさらに強い効き目の下剤を使用する・・という悪循環が始まってしまいます。 今の下剤で効果を持続できるように、下剤と同時に水分を多く摂取して腸の乾燥を和らげる努力をしたり、果物も食べましょう。下剤にばかり効果を求めると、体調を崩してしまうので、ほどよい距離感で、下剤と付き合うのが理想です。 最初は軽い下剤を使いながら、様子を見ていくのが、体の負担を減らすことに繋がります。突然強すぎる下剤は使用しないでください。

下剤に頼る前に便秘予防も大切

簡単に飲めて排泄できるので、安易に下剤を使用するのは待ってほしいと思います。もちろん下剤を使うなとは言いませんが、その前に便秘を予防するために、毎日の努力も続けましょう。 動かなくなった腸をあたためて、免疫力をあげることもそのひとつです。お風呂で長めに浴槽に浸かると、腸が温められて便意が起こりやすくなります。特に女性は冷えやすいので、あたためることに取り組めば、下剤を多く使うことを止められます。 下剤を使い排泄すると、便が勢いよく出ることにもなります。このとき肛門を著しく傷つけてしまうために、切れ痔になりやすいということも頭の片隅に入れておいてください。あらかじめ水分や果物を食べておけば、下剤を使ってもワンクッションあり、腸内で水分補給される分、便も滑らかに出ることになります。

まとめ

下剤を否定する世の中の風潮は大きいですが、刺激を少なくして効果もある、そんな下剤も開発されてきています。ネットなどのクチコミ情報などから、マイルドな効き目の下剤を探し出して使用してみてはいかがでしょうか。またストレスをなくすだけで、便秘も随分緩和しますので、心身ともに健やかを目指しましょう。

頑固な便秘にも酸化マグネシウムが効果的

何をしても出ない。 頑固な便秘に悩まされている方は、意外に多いのかもしれません。 そんな時は、マグネシウムを試してみるのはいかがでしょうか。 ここでいうマグネシウムとは「酸化マグネシム」のことで、 「カマグ」とか「重カマ」と呼ばれることもあります。 便秘薬としてはずいぶん前からあるお薬ですが、その効果は抜群です。 この「酸化マグネシウム」が便秘薬として幅広く服用されている理由の一つに、 その確かな実力があげられます。

この酸化マグネシウムは、体内を通過しながら水分を吸収し腸の中の水分量を増やしてくれます。 そのため、便のカサが増えるのです。 またその水分で便も柔らかくなります。 そして大腸が刺激され、便が排泄されやすくなります。

便秘になる大きな原因に、大腸の中にある便が水分不足になってしまうということが、あげられます。 便に水分が不足してしまうと、便が硬くなり排泄しにくくなります。 そして硬くなってしまった便は、カサも小さくなってしまうので大腸に刺激ができなくなります。 そのように硬くカサが小さくなってしまった便は、腸の中に留まりますます水分が奪われてしまうのです。 このようになってしまった便にはいくら、 口から水分を摂取しても便はもうなかなか柔らかくなってくれません。 そして慢性的な便秘になってしまい、大変つらい思いをしなければならないのです。 このような状態の時は、酸化マグネシウムがその威力を発揮してくれます。

お腹が痛くなることもなく、柔らかくなった便がするりと出てくれるので本当にありがたいお薬です。 またこの酸化マグネシウムのいいところは、副作用が非常に少ないところです。 飲み続けても習慣性になりません。

1度お薬に頼ってしまうと、もう今後お薬を飲まないと排泄できなくなるのではないか という恐怖がありますが、この酸化マグネシウムにその心配は全くありません。 また症状が軽くなってくると、量を減らしても排泄できるようにもなります。 そして排泄の習慣がきちんとついたら、もう酸化マグネシウムがなくても排泄できるようになります。

お薬で1番気になるのは、副作用だと思うのですが副作用がほとんどないと言うのは 本当に魅力的だと思います。 ただそうは言ってもお薬に変わりはないので、 お医者さんから指示のあった量以上の量を飲むのは絶対に危険です。 日ごろから食生活に気を付けて、自然に排泄できるようにするのが大切ですが、 どうしてもダメな時は酸化マグネシウムがの力を借りるくらいの気持ちでいいかもしれません。

便秘になりやすい子供への対処法

小さな子供は腸内環境が整っていない

大人の便秘はよくあることですが、子供の便秘となるとピンと来ない人も多いかと思います。しかし子供の便秘も相当数に昇ります。その原因は様々な生活習慣の問題と同時に、生まれつきのこともあります。 スコットランドの研究チームによる結果では、帝王切開で誕生した子供は、腸内細菌の数が少ないので、アレルギーリスクが高いというふうに報告されています。腸内細菌の善玉菌が生まれつき少ないとなれば、便秘になりやすい体質という事になります。気をつけていても少しの生活のバランスの変化で、悪玉菌が優勢になるからです。 帝王切開で誕生した子供以外にも、生まれた環境の中で、腸内環境は良くもなるし悪くもなります。子供は環境を与えれている側なので、家族の生活習慣がそのまま 子供の生活環境になり、その環境自体が劣悪であれば、容易に便秘を発症してしまうでしょう。 子供の腸内環境を整えるのは、親の役割です。もし、我が子が慢性便秘であれば、どこかに歪があるのだと、思った方が良さそうです。

運動不足の子供が増えると便秘になる

子供は風の子などと、昔から言われていますが、現代の子供は外で元気に遊ぶという感覚に乏しいようです。生まれた時からテレビやパソコンがあるので、室内で遊ぶ機会が多いからです。家の中にいて体を動かすというのは家の人の迷惑になるので、まず行わないでしょう。 すると家でやることとなれば、テレビゲームのような指先だけを動かす遊びだけになるのも無理ありません。鬼ごっこや川遊びなど都会にいたら、簡単には体験できません。すると、体のあちこちの筋肉を使わないため排便するときに大切な、腹筋が退化していくのです。排便するときにはある程度の腹筋が必要にあります。いつもスンナリ排便できるわけではないので、時には腹筋の力を頼りに、詰まった便を出さなくてはならないのです。 しかし、常日頃運動しない子供は、排便がうまくできません。結果的に便秘になってしまう子供が大勢いるのです。こうした運動不足が元で便秘になっている子供には、まず運動の習慣をつけさせてあげることです。 スポーツを習わせるのも良いですが、簡単な事でも良いです。例えば家で一緒に雑巾がけをするだけでも、腹筋と背筋が鍛えられます。身近な所に、体を鍛えて排便をスムーズにするヒントが隠されています。親の方で積極的に体を動かす場を提供したいものです。

ストレスが最大の敵

ストレスが溜まるのは便秘の最大の敵です。とくに子供が幼稚園や小学校へ通う年齢の場合、1日の昼間の時間をほぼ、自宅以外で生活しています。中には、家以外のトイレに入るのが億劫で便意があっても懸命に我慢してしまう子供もいます。便意は1度我慢してしまうと、その波が遠ざかります。 そうした生活が続けば、便が腸内に滞留しますので、便秘になってしまうという悪循環に嵌ります。公共の場所で、トイレに行けない子供は意外に多いので、このような状況に陥っている場合は、家で排便出来るようにサポートして行く必要があります。 朝早めに起床を促し、ゆっくりと朝食を食べるようにします。学校へ行くまでに1時間~2時間あれば、食後に便意が訪れます。腸は、朝必ず蠕動運動を起こすようになっています。しかもこの朝の蠕動運動は、とても大きな波でやってきますので、大蠕動運動とも呼ばれています。 1日1回朝だけにやってくる、排便のチャンスを逃さないよう家庭でも時間配分をきちんとして、登校ギリギリまで寝ているというような事にならないようにしましょう。起床時間が遅ければ、朝の大蠕動運動は学校で起きてしまうからです。そうなれば、益々排便出来ない状態に身を置く事になります。 また、学校生活の勉強や対人関係のストレスから便秘になることも考えられます。子供は子供で、大人に分からないストレスを抱えて生活しています。学校に相談できずに家でも暗く過ごしている場合は、スクールカウンセラーや心療内科で、相談してみましょう。たかが便秘と侮ると腸の病気になってしまうかもしれません。気を配れるところは最大限に気を配りましょう。

食生活に気を配る

子供の食生活は、放っておけば野放図に好きなものを食べて嫌いなものは徹底的に食べないというものになります。子供は得てして、大人が不健康だと思うようなジャンクフードが好きです。お小遣いをポンと渡してしまうと買い食いをして、夕飯はお腹に入らないということにもなりかねません。 スナック菓子やジャンクフードを食べ続けた子供は、キレやすいという研究結果もありますので、こうした食生活ならば改めたほうが身のためです。キレやすい子供になることも心配ですが、便秘になるのは必至だからです。ジャンクフードやスナック菓子には、基本的に食物繊維は含まれません。また乳酸菌もオリゴ糖も含まれていないはずです。言わば、腸を不健康にするものを子供たちは積極的に食べ続けているのです。 腸は第二の脳とまで言われています。考える臓器とも言われます。幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの95%が腸で作られています。腸内にセロトニンが少なくなれば、自律神経が脳にそれを伝達しますので、脳はストレスを感じ結果うつ病やキレやすい状態を作り出してしまいます。便秘になると、このセロトニンは分泌されにくい状態になりますので、要注意なのです。 便秘をしない体を作り、セロトニンを分泌させることが急務です。子供の精神を安定させるには、便秘を解消することが一番の近道だと言えます。

Copyright (C) 便秘の対処法を知る. All Rights Reserved.